ブラックジャックのアクション・ゲームの進め方などまとめ

オンラインカジノには多くの種類のゲームがありますが、そのほとんどが「運」に左右されると言っても過言ではありません。

そんな中、プレイヤーの判断力が勝負に影響するゲームがあり、その一つが「ブラックジャック」です。

今回の記事では、ブラックジャックのアクション・ゲームの進め方などを詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックはプレイヤーとディーラーとの1対1の勝負になります。ルール自体はシンプルであり、配られたカードの数字を合計して数字の大きい方が勝ちとなります。ただし、大きければ大きいほど勝てるわけではないのがこのゲームの面白いところでもあります。

基本的なルールは以下になります。
1)カードの数字のカウント方法
基本的にカードの数字はそのままカウントされますが、絵札は全て10とカウンされます。そして、「A」は1と11のどちらか、プレイヤーの任意の数字でカウントできます。

2)21に近い数字が勝ち
ハンド(手持ちカード)の合計数字が21になると「ブラックジャック」と言って最も強く、21により近い方が勝ちます。ただし、合計数字が22以上になると、その時点で負けが確定します。同じ数字の場合はプッシュ(引き分け)です。

3)配当倍率
・勝ち:2倍
・ブラックジャック:2.5倍
・引き分け:ベット額が返還

プレイヤーのアクション

ゲームの勝敗を分けるポイントがプレイヤーのアクションです。ヒット(追加)やスタンド(追加不要)の他、以下のような様々なアクションをできることがブラックジャックの醍醐味と言えます。
1)ダブル
ベットを2倍にして、4枚目のカードをヒットします。ハンドが9、10、11の時はダブルをかけるのが一般的です。

2)スプリット
最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合、1枚ずつに分けてハンドを2組にすることができます。2組になった分、ベットも倍になります。例えば、Aや10などのハイカードが2枚だった場合はスプリットが有効になります。

3)インシュアランス
ディーラーのアップカード(表のカード)がAだった場合、ブラックジャックになる可能性が高いことから、ベット額の半額を出してインシュアランス(保険)をかけることができます。仮に、ディーラーがブラックジャックになった場合は、追加で出したインシュアランスのベット額の3倍の配当を得られます。従って、ゲームに負けて取られた当初のベット額全額を取戻せるため、収支としては±0になります。なお、ディーラーがブラックジャックにならなかった場合は、インシュアランスのベット額が没収されます。

4)サレンダー
ディーラーのアップカードを見た時に『勝てない』と思ったら、勝負を放棄することができます。その場合はベットの半額が没収されます。

>>ブラックジャックで有効なカードカウンティングを簡単に行う方法をご紹介

ゲームの進め方

ブラックジャックは以下の手順でゲームが進められます。
①最初にプレイヤーがベットします。
②ディーラーが自分とプレイヤーにカードを2枚ずつ配ります。
ディーラーのカードは1枚だけ数字が見えるように表にして置かれます(アップカード)。
③プレイヤーがアクションを決めます。
ヒットした場合は3枚目のカードが配られます。
④ディーラーが追加のカードを引きます。
ディーラーのハンドが16以下の場合は必ずヒットし、17以上になるまで自動的にヒットが続けられます。

最初の2枚のカードでプレイヤーのハンドが11以下だった場合は、絶対にヒットすべきです。つまり、どんなカードが来ても22以上になることがなく、10以外のカードであれば21に近づけます。

ちなみに、以下の場合は即時に勝負が決まります。
①最初の2枚のカードでディーラーかプレイヤーのいずれかがブラックジャックを完成→ブラックジャックを完成した方が勝ち
②プレイヤーがヒットした時にハンドが22以上→プレイヤーの負け

まとめ

ブラックジャックは配られた2枚のカードを見た時点で、3枚目のカードに対する読みが重要になります。なお、10のカード(10と絵札)の出る確率は30%(13分の4)であることを念頭に置いておくべきです。

ブラックジャックの勝率をアップする画期的な攻略法は下記を参考にしてください。

>>ラブシェール法とは?賭け方ややり方・具体例をまとめてみた

>>マーチンゲール法とは?特徴や注意点・確率など徹底解説