【違法?】オンラインカジノの法的解釈と国内でプレイする際の注意点

オンラインカジノは海外を拠点にするギャンブルのため、日本の賭博法は適用範囲外です。

しかしオンラインカジノで遊ぶ時、本当に大丈夫かな?っと心配される方もきっと多いかと思います。そこで今回の記事では、オンラインカジノは違法なのか?オンラインカジノの法的解釈と国内でプレイする際の注意点について解説します。

これからオンラインカジノへの登録を考えている方の参考になれば嬉しいです。

オンラインカジノの仕組み

日本国内から参加すること自体は、違法ではありません。その理由は、日本国内から海外のオンラインカジノに参加することに対しては、「オンラインカジノ自体が違法ではないこと」、「日本での明確な法律がない」といった2点であると考えられます。

しかし、はっきり違法ではないのかといったら、実際のところは「違法でも合法でもない」というのが現状でいわば「グレーゾーン」であるのが現状です。オンラインカジノは、海外企業に対して政府発行のライセンスを取得して合法的に運営が行われることが条件となります。

日本からオンラインカジノへ参加することに対しては、「実際にプレイが行われているのはアメリカなどの海外で、ユーザーは自宅からパソコン操作しているだけだから問題ない」という楽観的な意見や「自宅とはいえ日本国内から参加しているのは事実」といった厳しい意見があるなど賛否両論あるということは念頭に置いておく必要があります。

オンラインカジノの合法性

日本の賭博に関する法律により罰せられるのは基本的には店などを営業している「運営側」に対してで、プレイヤー個人が罰せられるものではありません。日本の賭博に関する法律は刑法185条に定められており、よく「違法カジノ」のニュースで耳にする「常習賭博及び賭博場開帳等図利」という言葉は刑法186条に定められています。

オンラインというよりはアメリカなどでいうリアルカジノを運営していることによるものです。前者は50万円以下の罰金、後者は3ヶ月から5年以下の懲役といういずれも運営側への罰則がもうけられています。

そのため、オンラインカジノに参加したことによりプレイヤーが罰せられることは基本的にはないと考えていいのですが、それはあくまで合法的な運営が行われているオンラインカジノに限ります。中には、参加しただけで違法となり罰せられるオンラインカジノもあります。

オンラインカジノのライセンス

オンラインカジノへの参加は「政府発行のライセンスを有していること」が絶対条件となりますが、一方でライセンスを取得しないまま運営している業者も存在します。プレイする前には、どの業者においても基本的にインターネットでオンラインカジノに関する口コミや会社概要などの「ライセンス」の項目は確認するのが望ましいです。近年は日本国内でもオンラインカジノをプレイできるようになりました。

その方法は自宅からパソコンでプレイしたり、オンラインカジノを運営しているお店でのプレイとなりますが、先にのべたように国内での参加は法律で規制されているので細心の注意を払う必要があります。

オンラインカジノの逮捕事例

では、過去にプレイヤーは全く処罰を受けたことがないのかといえば、そうではないです。実際には逮捕者が出たといった事例も存在します。その一例が「日本人ディーラーを起用した」いわゆる日本人向けのオンラインカジノをプレイしていたプレイヤーでした。カジノの開催時間を多くのユーザーや仕事が終わるって一息つく日本時間の夕方から深夜に設定するなどサービスが充実していることから人気を呼んでいました。

問題はそこではなく、サイトで賭博行為が行われていたことです。実際には、何度も言うように日本国内に明確な法律がないことで司法では裁けないという観点から不起訴となりました。他に考えられる原因としてはSNS上でオン頼カジノをプレイしていることを公表したりすることで、実際に特定されるといったケースもあるようです。

注意すべき点としては、収支などの金額やプレイしているIDなどの個人を特定する情報を出すことや「オンラインカジノをプレイしている」といった情報を出さない方が望ましいです。