【理論上負け無し】マーチンゲール法のやり方を手順に沿って解説

オンラインカジノのプレイスタイルは様々なものが存在し、オンラインカジノを長くプレイしていくためには、「攻略法」、もしくは「必勝法」と呼ばれるものを自分のものにする必要があります。

様々なプレイスタイルの中から今回は「マーチンゲール法」という攻略法を紹介していきたいと思います。

【マーチンゲール法とは?】

マーチンゲール法は、「理論上は必ず勝つ」と言われているプレイスタイルです。「ルーレットゲームの赤か黒を当てる」ことや「バカラゲーム」などに有効だと言われており、様々あるカジノゲームの中でも「勝率50%、配当が2倍」のものによく使われています。マーチンゲール法のやり方はとても簡単です。オンラインカジノの初心者でもマスターしやすいプレイスタイルなのでおすすめです。

同じく勝率50%に効果の攻略法がこちら。

>>【タランベール法】賭け方ややり方・注意点を徹底解説

>>31システム法とは?賭け方・やり方・注意点などを徹底解説

【マーチンゲール法のやり方】

マーチンゲール法は、「倍プッシュ」と呼ばれるプレイスタイルになります。勝負をして、負けた時にベット額を先程勝負した額の2倍にすることで、負けた分を取り戻すという賭け方です。

例えば、ルーレットゲームをプレイするとします。ルーレットゲームの中でも勝率5割になる賭け方として「赤、黒」を当てるだけの賭け方があります。ルーレットのボールが赤に入り、自分が赤に賭けていれば当たりで、2倍の賭け金を受け取ることができます。

例えば、1回目のゲームで「1ドル」を「赤」に賭けます。ディーラーがルーレットを廻し、ボールが入ったのが「赤」でした。すると、自分の賭け金が1ドルだったのが倍の「2ドル」になります。

これがもし、逆にディーラーが放ったボールが「黒」に入ったとします。すると、赤に賭けていた自分は負けですので、「1ドル」取られます。ここからマーチンゲール法の力が発揮していきます。ゲームに負けた1ドルを取り戻すために、次のゲームでは前回負けた1ドルの倍を賭けて勝負します。つまり、「2ドル」賭けて勝負するのです。

2ドルを「赤」に賭けたとします。ディーラーの放ったボールが赤に入ったとしたら、倍になりますので「4ドル」を受け取ることになります。前回賭けた「1ドル」と今回賭けた「2ドル」で合計「3ドル」賭けたことになりますが、今回の賭けたゲームで「4ドル」の利益を上げたので、「1ドル」のプラスになります。

つまり、マーチンゲール法は「負けた時にその賭けた額の倍を次のゲームで賭けると勝った時にはプラスになる」というものです。なので、勝率5割のカジノゲームなら賭け続けていればいつか当たるので、自然とプラスになるという攻略法です。

このマーチンゲール法は、オンラインカジノゲームだけに使われている方法ではなく、FXの取引方法としても使われています。しかし、デメリットがあります。それは「多額の投資資金が必要」ということです。

1ドルを負けたら次のゲームでは2ドルを賭けなくてはなりません。次のゲームにも負けてしまうと、次のゲームには4ドル賭けなくてはなりません。さらに、次に負けると8ドル、また負けると16ドルと倍々になっていくため、場合によっては多額の投資資金が必要になる可能性があります。

もう一つデメリットとして上げるとするなら、「大儲けすることができない」ことです。先程の例でいうと、どこで勝ったとしても結果的に「1ドル」しかプラスになりません。そのため、大儲けしたいと考えている人には向かないプレイスタイルです。

【まとめ】

マーチンゲール法について紹介してきました。マーチンゲール法は、理論上では勝つことができることは理解できたと思います。しかし、多額の投資資金が必要だったり、大儲けすることができないことだったり、デメリットもあります。自分の合ったプレイスタイルを見つけて、オンラインカジノを楽しんでみてください。

大人気のオンラインカジノ「カジ旅」でマーチンゲール法を試してみてはいかがでしょうか?

>>カジ旅の特徴とは?評判やボーナスシステムなどをまとめてみた