ルーレットの賭け方は?勝つために必要な攻略法や注意点

オンラインカジノにおける人気ゲームの一つ、ルーレットは球がどこに入るのかを当てるゲームです。

このゲームはほとんどのオンラインカジノで取り扱っており、ブラックジャックやバカラと並んで人気があります。

カジノでは、その人気さゆえに「カジノの女王」と呼ばれることもあります。そんなルーレットの賭け方は?勝つために必要な攻略法や注意点について詳しく解説していきます。

どんなゲームなのか?

ルーレットは、
台の上にチップを置くところと数字が並んだ円盤があり、球が入った数字が当たりとなるゲームです。

このゲームは、
ほかのテーブルゲームよりも賭け方が多彩であるため、様々な賭け方ができます。

例えば偶数奇数、などとあり、一番高い配当は一つの数字を当てた場合です。

その配当は36倍になり、
1ドル賭けて的中すると35ドルの利益になります。

このほかにも賭け方の組み合わせは自由なので、
好きな場所に賭けてそれに応じて配当も変化するのがルーレットの面白いポイントでしょう。

様々な賭け方がある

ルーレットは、
ほかのゲームよりも賭け方のパターンが多いのが特徴です。

バカラみたいに赤黒賭け、
偶数奇数賭けもあれば、3倍配当のダズンコラム賭け、
当たれば高額配当のストレート賭けがあります。

ここではいくつか賭け方の一例をご紹介します。


例1)インサイドベット

この方法は、一つ、または複数の数字を賭ける方法となり、
一つの場合は36個のうち、1個の数字に賭けます

最も勝率は低いが
当たったときの配当は最も大きいです。

隣り合う2つの数字の間に置くと、一点賭けより勝率は高いが、当たれば18倍になります

このほかにも一列の数字3つに賭ける方法があり、これは配当が12倍となります

このように、
インサイドベットは、リスクは高いものの、
置き場所によっては高配当が狙えることが期待されます

例2)アウトサイドベット

アウトサイドベットは、
数字以外の場所に賭けることで、赤黒やダズン、コラムなどの場所に賭けます。

赤黒賭けは、
球が落ちた場所が何色かを賭ける方法です。

ルーレットは数字以外にも色を賭けることができ、
この色は赤、黒と2種類です。勝率でいうと、50%づつのため、配当は2倍になります

ダズン、コラムベットは、36個の数字を縦横と3つのグループにわかれており、配当は3倍になります

ルーレットならではの攻略法

ルーレットは、ブラックジャックやバカラと違い、
ルーレットだけにしか使えない攻略法があります

特にルーレットの特性を生かした攻略法は、勝った時の利益が大きいものです。


例1)ココモ法

ココモ法は、

「1,1,2,3」

とゲームに負けたときに使う攻略法です。

この方法は、
3倍配当のゲームにしか使えないことからルーレット専用の攻略法と言われています。

この方法は、
ゲームに負けるほど勝った時に利益が増える特徴があり、
ルーレットでは特に重宝されている攻略法です。

例えば、
3倍配当のゲームで1ドル賭けて9連敗後に勝った場合、
マーチンゲールの場合は+2ドルに対しココモ法は+22ドルも利益が増えます

また、連敗が続いても損失は緩やかなため、
マーチンゲールのように資金が急激に減ることが少ないです。

マーチンゲールの場合、
10連敗すると1ドルスタートでも1023ドル損失が出ますが、ココモ法では143ドルの損失になります。

>>ココモ法とは何?勝てないの?特徴ややり方を詳しく解説

例2)モンテカルロ法

モンテカルロ法は、
紙とペンを使い、数列をメモしながら掛け金を決める方法です。

この方法は、かつてカジノをつぶしたという噂もあるほど強力な方法です。

このことから実店舗のカジノではメモ行為が禁じられているところが多くなっています。

オンラインカジノの場合は自由にメモ行為ができるため、モンテカルロ法が使えます。

この方法は、2倍、3倍配当どちらでも使えますが、
勝った時の数列の消し方を考えると3倍配当が有利とされています。

そのため、ルーレット専用の攻略法となっています。

この方法は、まず

「1,2,3」

をメモし、両端の数字を足した額をベットします。

勝ったら両端の数字を2つずつ(2倍配当では1つずつ)消し、
負けたら賭けた額を右端に書き足します。

ベット額は毎ゲーム両端を足した額になり、
数列が1個か全部消えた時点で攻略法が終了する流れになります。

>>【カジノ最強攻略法】モンテカルロ法をわかりやすくまとめてみた

例3)フラワーベッティング

これもまた、ルーレット特有の賭け方になり、少しユニークな方法として知られています。

賭け方は、狙った数字にチップを置き、
それの周囲に8か所チップを置くことで完成します。

このような賭け方をすると、的中すれば最小で9倍最大で114倍の利益になります。

この方法は114倍の配当になる場合、
例えば10にチップをおいて出目が10で揃ったときに適用されます。

10以外でもその周囲の出目が当たれば、9倍の配当になります。

この方法は、一度的中させてしまえば、
高額配当がもらえるため、前半に負けが重なっても取り戻せる可能性が高い攻略法です。

また、アウトサイドベットとも併用できるので、外れたときの保険として赤黒などに賭けるといった方法もあります。

>>31システム法とは?賭け方・やり方・注意点などを徹底解説

>>ラブシェール法の仕組みや賭け方は?シミュレーションも!

>>【噂のバーネット法徹底解説】賭け方やロジック・シミュレーションは?